審美歯科で綺麗な歯にしてもらいましょう!

婦人

初動対応が大事

白い歯

歯ブラシを毎日していたとしても、人によっては歯茎から出血したり、歯がぐらついたりする場合があります。それは歯周病のサインかもしれません。歯周病は進行すると歯が抜け落ちて取り返しがつかなくなるかもしれない歯科疾患ですから、症状に気づいた場合はいち早く昭島の歯科良医院で見てもらいましょう。初期段階で気づけば少しの治療で歯周病を治すことができます。
歯周病菌が繁殖して、歯茎に炎症を起こす疾患を歯周病と言います。歯の根元は磨き残しが多く歯垢が付着している方が多いので、そこから歯周病菌が繁殖するのです。この歯周病菌が歯茎の内部まで入り込むことで、出血や歯のぐらつきが起こります。

歯を失ってしまうかもしれないので、昭島の歯科医院で早急に処置をしてもらう必要があります。昭島の歯科医院ではまず最初に歯周ポケットと言って歯肉がどのくらい下がっているのか確認をします。その次に根元に付着している歯垢を除去していきます。そして次に患者の状態に合った治療を進めていきます。弱まった歯肉は歯垢を落としているときに出血しやすいですが、とくに問題はありません。歯周病の症状がひどい場合は、麻酔をして歯肉を切開し、中に溜まった膿を除去することもあります。

短時間かつ負担が少ない方が良いと思っている方は、初期対応に越したことはありません。とくに異常はなくても実は歯周病になりそうというパターンもありますから、定期的に昭島の歯科医院で診察を受けることが大事でしょう。